SDGsとは国連サミットで合意された「持続可能な開発目標」の通称で、2030年に向けて世界をより良く変えるための17の目標が掲げられています。エーラベルではエネルギー事業を通じて再エネ由来の電力拡販を行い環境負荷低減に寄与していくなどして社会への貢献を目指していきます。

SDGs達成に向けたエーラベルの取り組み


●新電力一括見積サービス

電力会社とお客様を繋ぎ、生活の質の向上・企業活動推進への貢献

SDGs(持続可能な開発目標)17の目標

●脱炭素会社・環境負荷低減の実現

再エネ由来の電力サービスの影響

SDGs(持続可能な開発目標)17の目標


 

再エネに関するQA

Q:そもそも再生可能エネルギーとは?

A:再生可能エネルギーとは温室効果ガス(CO2やメタンガス等)を排出しない再利用することができるエネルギーの事で、『太陽光・風力・水力・地熱・バイオマス』などを指します。

ちなみに、似た言葉の「自然エネルギー」は、『太陽光・風力・水力・地熱など、自然現象から得られるエネルギー』のことを指しており、再生可能エネルギーの一部が自然エネルギーという事になります。

Q:FIT電気は再エネ?

A:FIT電気は端的に言うと「環境価値がない再エネ」になります。
そもそもFIT電気とは固定価格買い取り制度(FIT制度)によって買い取られた再エネ電気のことを指します。
このFIT制度によって電力会社が再エネを調達する際、費用の一部は我々消費者が負担している「再生可能エネルギー発電促進賦課金」によって賄われているのですが、これは言ってみれば電力会社は私たちの負担した費用で再エネを購入できているという事になります。
そうなると消費者のお金で買った電気で、電力会社はエコなイメージを享受出来る事となり可笑しな構図となってしまうため、制度上FIT電気については電気そのものの価値と環境付加価値を分けて考えるという形になっています。

そのためFIT電気は再生可能エネルギーではあるものの、環境価値が無い電気として扱われ、環境価値は再エネ賦課金の負担額に応じてした私たち消費者に分配されています。

Q:FIT電気は環境保全には繋がらない?

A:そんな事はありません。環境価値が消費者に戻されているだけで再生可能エネルギーには変わりありません。電力会社がFIT電気を使うこと自体は再エネを増やすためには不可欠の取り組みです。しかし、FIT電気に頼ってばかりでは消費者負担が増える一方ですので、本当の意味で環境保全を目指すためには、FIT電気の供給だけでは不十分、ということになります。

Q:実質的再生可能エネルギーとは何ですか?

A:これは、環境価値を付加(言い方を変えると後付け)することで、実質的に「環境価値のある電気(CO2を排出しない電気)」になった電気のことを指しています。

例えば、FIT電気は「環境価値が切り離された電気」ですので、ここで切り離された環境価値は、我々消費者に分配されているほか、「非化石証書」として可視化され、電力会社に向けて売りに出されます。電力会社はこの非化石証書(環境価値)を購入することによって、自社が供給する再エネ由来ではない電気に環境価値を付与することができるのです。

日本で売買されている環境価値には、代表的なもので①非化石証書②グリーン電力証書 ③Jクレジットの3つがあります。

これらを活用すればたとえ、調達した電気が火力発電によるものだったとしても、環境価値を購入し付与することで、その電気は実質的に再生可能エネルギーの価値を持つことになるのです。