4月の電力スイッチング件数は前月比2.3%増

電力広域的運営推進機関が発表しました4月30日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,610万件、前月末比で36万件(同2.3%)の […]

3月の電力スイッチング件数は前月比3.0%増

電力広域的運営推進機関が発表しました3月31日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,575万件、前月末比で45万件(同3.0%)の […]

2月の電力スイッチング件数は前月比2.6%増

電力広域的運営推進機関が発表しました2月29日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,530万件、前月末比で39万件(同2.6%)の […]

1月の電力スイッチング件数は前月比2.3%増

電力広域的運営推進機関が発表しました1月31日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,490万件、前月末比で33万件(同2.3%)の […]

地熱エネルギーの宝庫・東北エリアで見る、地熱発電の現場(後編)

上の岱(うえのたい)地熱発電所(秋田県湯沢市)   地下に眠る「地熱エネルギー」を利用して電気をつくる「地熱発電」。CO2の排出量はほぼゼロ、燃料費もかからず、天候などに左右されない安定性の高い国産エネルギーで […]

12月の電力スイッチング件数は前月比2.3%増

電力広域的運営推進機関が発表しました12月31日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,457万件、前月末比で33万件(同2.3%) […]

地熱エネルギーの宝庫・東北エリアで見る、地熱発電の現場(前編)

山葵沢(わさびざわ)地熱発電所(秋田県湯沢市)   地下に眠る「地熱エネルギー」を利用して電気をつくる「地熱発電」。CO2の排出量はほぼゼロ、燃料費もかからず、天候などに左右されない安定性の高い国産エネルギーで […]

2019年、実績が見えてきた電力分野のデジタル化~電力データ編

スマートメーターがリアルタイムな電力データの活用を可能に   電気事業を営む上で得られる情報(電力データ)には、発電分野であれば燃料の実績データや出力(発電)の実績データなど、送配電分野であれば送電線の潮流(電 […]

11月の電力スイッチング件数は前月比2.4%増

電力広域的運営推進機関が発表しました11月30日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,425万件、前月末比で34万件(同2.4%) […]

『SDGs』ってなに?

皆さまはSDGs(エスディージーズ)という単語を聞いたことはありますか? 下の17色のカラフルなロゴを見たことがある、という方は多いかと思います。 SDGsとは、Sustainable Development Goals […]

FIT制度は2020年末までに抜本見直し予定

▼FIT(フィード・イン・タリフ)と呼ばれる再生可能エネルギーの固定価格買取制度とは? このFIT制度というものは、再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が特別に定められた高い固定価格で一定期間買い取ることを国が約束 […]

10月の電力スイッチング件数は前月比2.8%増

電力広域的運営推進機関が発表しました10月31日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,391万件、前月末比で37万件(同2.8%) […]

9月の電力スイッチング件数は前月比2.6%増

電力広域的運営推進機関が発表しました9月30日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,353万件、前月末比で34万件(同2.6%)の […]

未来ではCO2が役に立つ?!「カーボンリサイクル」でCO2を資源に

地球温暖化の原因になっているといわれるCO2の排出量を減らすことは、今やグローバルな課題になっています。エネルギー分野においては、CO2排出量の少ないエネルギー資源への転換をはかること、省エネルギーに努めることなどが大切 […]

8月の電力スイッチング件数は前月比3.1%増

電力広域的運営推進機関が発表しました8月31日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,319万件、前月末比で39.6万件(同3.1% […]

2019—日本が抱えているエネルギー問題(後編)

世界で進む脱炭素化の動き   日本は、エネルギー自給率の低さや化石燃料への依存など、エネルギーに関する多くの問題を抱えています。課題の解決に向けて、どのようなことをすればよいのでしょうか?「パリ協定」の中期目標 […]

7月のスイッチング率が全エリア合計で初めての20%台

電力広域的運営推進機関が発表しました7月31日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,280万件、前月末比で41.3万件(同3.3% […]

2019—日本が抱えているエネルギー問題(前編)

日本の自給率と海外依存の問題   電気、ガス、ガソリンなどのエネルギーは、いまや生活に欠かせないものとして社会を支えています。けれども石油やLNG(液化天然ガス)などのエネルギー資源がとぼしい日本では、エネルギ […]

グラフで見る世界のエネルギーと「3E+S」安定供給③

エネルギー政策でもっとも大事な点は、「安全性(Safety)」を前提とした上で、「エネルギーの安定供給(Energy Security)」を第一に考え、「経済効率性(Economic Efficiency)」の向上、つま […]

グラフで見る世界のエネルギーと「3E+S」安定供給②

エネルギー政策でもっとも大事な点は、「安全性(Safety)」を前提とした上で、「エネルギーの安定供給(Energy Security)」を第一に考え、「経済効率性(Economic Efficiency)」の向上、つま […]

6月の電力スイッチング件数は前月比3.2%増

電力広域的運営推進機関が発表しました6月30日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,238万件、前月末比で38.6万件(同3.2% […]

グラフで見る世界のエネルギーと「3E+S」安定供給①

エネルギー政策でもっとも大事な点は、「安全性(Safety)」を前提とした上で、「エネルギーの安定供給(Energy Security)」を第一に考え、「経済効率性(Economic Efficiency)」の向上、つま […]

2018年度 新電力の販売量実績

経済産業省 資源エネルギー庁のデータに基づき、旧一電を除く小売電気事業者の2018年度年間電力販売量実績を以下のとおりランキングにしました。   <2018年度年間電力販売量実績> 単位:千kWh 順位 事業者 […]

「CO₂排出量」を考える上でおさえておきたい2つの視点

「CO₂をはじめとした温室効果ガス(GHG)排出削減」という地球規模の課題に向けて、国際的な枠組みである「パリ協定」が2016年に発効しました。各国のCO₂排出量のうち、燃料の燃焼や、供給された電気や熱の使用にともなって […]

「パリ協定」のもとで進む、世界の温室効果ガス削減の取り組み⑦

温室効果ガス(GHG)排出削減のための国際的な枠組み「パリ協定」に基づく、各国のGHG削減目標と進捗を紹介するシリーズ。7回目は、ドイツの施策と進捗状況について見ていきます。 EUを上回るGHG削減目標を掲げるが、目標ラ […]

「パリ協定」のもとで進む、世界の温室効果ガス削減の取り組み⑥

温室効果ガス(GHG)排出削減のための国際的な枠組みである「パリ協定」に基づき、各国は自国の事情に合わせたGHG削減・抑制目標を策定しています。主要先進国の取り組みを紹介するシリーズの6回目は、フランスの施策と進捗状況に […]

「パリ協定」のもとで進む、世界の温室効果ガス削減の取り組み⑤

温室効果ガス(GHG)排出削減のための国際的な枠組みである「パリ協定」。この協定に基づいて各国はさまざまな施策を進めています。今回は、EU(欧州連合)の掲げた目標と、それに向けた進捗状況についてご紹介します。 GHG排出 […]

中部電力など、G20閣僚会合にCO₂フリー電力を供給

中部電力、自然電力、長野県企業局は、長野県産の水力発電を活用したCO₂フリー電力の調達を行い、6月15日~16日に軽井沢プリンスホテル(長野県軽井沢町)で開催されますG20関係閣僚会合【持続可能な成長のためのエネルギー転 […]

「パリ協定」のもとで進む、世界の温室効果ガス削減の取り組み④

「パリ協定」に基づいて掲げた目標に向け、各国の温室効果ガス(GHG)排出削減の取り組みを紹介するシリーズ。4回目は、米国のGHG排出削減に向けた施策や進捗状況についてご紹介しましょう。 エネルギー自給率は高いが、エネルギ […]

5月の電力スイッチング件数は前月比3.0%増

電力広域的運営推進機関が発表しました5月31日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,199万件、前月末比で34.6万件(同3.0% […]

現在、エレトス電気とご契約中のお客さまへ

エレトス電気(エレトス合同会社)は2019年6月に入り、自社ホームページにて【電力供給サービスの終了】を発表致しました。   ●エレトス社ホームページに掲載された電力供給サービス終了のお知らせ   ま […]

電力市場変わらぬ寡占 ~東電系、新電力販売量初の首位~

日経新聞(2019年6月6日付)に『東京電力ホールディングス傘下の新電力である テプコカスタマーサービス(TCS)が、新電力の月間の電力販売量で初めて首位になった』 という記事が掲載されました。

「パリ協定」のもとで進む、世界の温室効果ガス削減の取り組み③

地球温暖化への対策として、国際社会は温室効果ガス(GHG)排出削減に取り組んでいます。2016年に発効した「パリ協定」に基づいて掲げた目標に向けて、各国は今、どのような施策を打ち出し、どの程度GHGを削減できているのでし […]

「パリ協定」のもとで進む、世界の温室効果ガス削減の取り組み②

温室効果ガス(GHG)排出削減のための国際的な枠組みとして、2016年に発効した「パリ協定」では、主要排出国を含むすべての国が、自国の事情に合わせたGHG削減・抑制目標を策定することとなっています。 各国は今、それぞれの […]

東邦ガスが「電気ご加入トクトクキャンペーン」を開始

電気の基本料金2カ月半額とWeb明細化で2,000ポイント進呈   令和になり各社キャンペーンを行なう中、東邦ガスは5月20日に「東邦ガス電気ご加入トクトクキャンペーン」及び「料金連動がすてきポイントサービス」 […]

四国電力と入交石油(高知)が家庭向けのセット割サービスを実施

四国電力と入交石油(高知)は2019年5月15日より、地域の顧客の多様なニーズに応える新たなサービスとして、「電気」と「入交石油サービスショップが提供する各種サービス」を組み合わせたセット割サービス実施を発表しました。 […]

4月の電力スイッチング件数は前月比3.2%増

電力広域的運営推進機関が発表しました4月30日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,165万件、前月末比で36.7万件(同3.2% […]

「パリ協定」のもとで進む、世界の温室効果ガス削減の取り組み①

世界で進んでいる、CO2を始めとした温室効果ガス(GHG)排出削減の取り組み。 特に、2016年に発効した「パリ協定」のもと、各締約国では、エネルギー供給と使用に関して、GHGの排出量を削減する「低炭素化」の政策が強力に […]

温暖化対策の国際会議「COP24」で、「パリ協定」を実施するためのルールが決定

2018年12月、温暖化対策を話し合う国際会議「COP24」がポーランドで開催されました。会議のメインテーマは、なんといっても、パリ協定を実施するためのルールづくり。2015年にパリ協定が採択されて以来、世界のあらゆる国 […]

3月の電力スイッチング件数は前月比4.2%増

電力広域的運営推進機関が発表しました3月31日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,129万件、前月末比で45.8万件(同4.2% […]

HTBエナジーの期間限定プラン「東京大江戸プラン・極」受付開始!

なんと基本料金・従量料金ともに10%引き!東京電力エリアだけのスペシャルプラン   HTBエナジー株式会社は「たのしいでんき」の新プランとして「東京大江戸プラン・極」(東京電力エリアのみ)を2019年4月1日( […]

未来につながる種を育てる、エネルギーの「予算」

国会に関するニュースで度々話題になる「政府予算」。 さまざまな政策をおこなうために必要なこの「予算」、その中身をよく眺めてみると、政府の今年度の方針や政策の方向性、支援を進めようと考えている分野や技術などを読み取ることが […]

2019年の今、「水素エネルギー」はどこまで広がっているの?

水素エネルギーは、さまざまな資源からつくることができ、エネルギーとして利用する際にCO2を出さないという2つの特徴を持っています。 現在の主な利用先としては、燃料電池自動車(FCV)の燃料として使われているほか、家庭用燃 […]

2月の電力スイッチング件数は前月比4.3%増

電力広域的運営推進機関が発表しました2月28日24時現在の全国スイッチング支援システム利用状況(2016年3月1日運用開始以来の累計)におけますスイッチング開始申請件数は1,083万件、前月末比で44.7万件(同4.3% […]

太陽光発電の「未稼働案件」問題をクリアする、新たな対応が決定

2012年7月、再生可能エネルギー(再エネ)の導入を目的に固定価格買取制度(FIT)が制度化され、再エネを取り巻く状況や技術は大きく変化しました。しかし、課題も生まれてきています。そのひとつが、FITの認定を取得した太陽 […]

住宅用太陽光発電にせまるFIT買取期間の満了、その後どうする?

再生可能エネルギー(再エネ)を、電力会社があらかじめ決められた価格で買い取る「固定価格買取制度」(FIT)。FITは、太陽光発電など再エネの拡大に役立ってきましたがその先駆けとなる太陽光発電の余剰電力買取制度(2009年 […]