電力会社の新メニューもいち早くご紹介!

■最終保障料金の事実上値上げが現実味を帯びてきました

現最終保障料金の事実上値上げが現実味を帯びてきました。この記事では最終保障料金の今後について簡単にまとめた記事となります。

エーラベルでは引き続き新規の見積対応はもちろん、需要家様のご要望に応じて、ご相談や電力市況のご説明なども無料で行っておりますので今後とも何卒、よろしくお願いいたします。

① 最終保障料金について

5月31日に電力・ガス取引監視委員会の会合において、最終保障料金を今後『市場連動型』に変更する方向で調整が進められる事となりました。
時期については未定ですが、早ければ8月、9月ぐらいには導入されるのではないかと予想されます。

価格帯ですが現状の電力市場状況だとエリアによって値上げ幅は前後するものの、最終保障料金+3~4円/kWh程の値上げになる見通しです。

これから夏を迎え、電力需要が増えれば今冬と同様に市場がまた高騰する可能性が高いので、最終保障供給に移る場合は、その点も考慮して検討する必要があります。


 

 ② エーラベルのご提案☝

【メリット 1】
エーラベルでは日々需要家様の選択肢を増やすべく新電力提携先を増やしております。また、市場連動型などの新メニューによるご提案も今後リリースをしていく予定です!

【メリット 2】
電力各社の情報を集約しておりますので、フラットな視点でご案内が可能です!

【メリット 3】
万が一、いまお見積りが出ない場合でも、事前にお見積りのご依頼を頂いている企業様には電力会社のお見積り準備が出来次第いち早くご案内いたします!


エーラベルでは電気代削減のみならず、今後の電力需要の変化に応じてエネルギーマネジメントを行って参ります

エーラベルの公式ツイッターでは電力情勢の最新情報をお届けしております。