中部電力など、G20閣僚会合にCO₂フリー電力を供給

中部電力、自然電力、長野県企業局は、長野県産の水力発電を活用したCO₂フリー電力の調達を行い、6月15日~16日に軽井沢プリンスホテル(長野県軽井沢町)で開催されますG20関係閣僚会合【持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合】の会場への電力供給を行うと6月11日に発表を致しました。

この取り組みは、中部電力が6月13日~16日までの間、自然電力のグループ会社である長野自然電力合同会社が所有する「小布施松川小水力発電所(長野県上高井郡小布施町)」や長野県企業局が所有する水力発電所などの長野県内に立地する水力発電所由来のCO₂フリー価値を活用し、CO₂排出量ゼロの電力供給を実現する。

またG20関係閣僚会合の会場におきましては、長野県に立地する発電所由来の電力を使用しているモニター表示することによって、長野県産の水力発電を活用した取り組みを伝えるとの事です。

中部電力は顧客の参加型取引サービス「これからデンキ」のプラットフォームを活用して、低炭素電源や地産電源を顧客につなぐことなどにより、顧客に一層満足できるサービスを展開しています。

自然電力は自然エネルギー発電所を作ることに加え、実質「100%自然エネルギー由来」「CO₂フリー」の電気を提供することを通じて持続可能な社会の構築に貢献しています。

長野県企業局は水資源を活用した再生可能エネルギーの安定的な供給と普及拡大を通じて、「地域への貢献」「地域との共存・共栄」に取り組んでいます。