新電力とは?

新電力とは既存の大手電力会社である一般電気事業者(東京電力や関西電力など)とは別の電力会社のことをいい、2016年3月までは「契約電力が50kW以上の需要家に対して、電力会社の送電線を通じて電力供給を行う事業者」となっておりました。

しかし、2016年4月1日からは電力の小売全面自由化が実施されたことにより新電力は「小売電気事業者」の登録があれば、一般家庭などの50kW未満の契約でも電力供給が出来るようになりました。つまり、現在では契約電力の大きさにかかわらず、自由に電力契約を取り交わす事ができるという事です。

※資源エネルギー庁のHPでは、旧電力会社を含む電力小売りを営む事業者のことを「小売電気事業者」といいます。


品質

電気の品質は変わりません

電気は各発電所でつくられた電力が電力会社の送電線を通じてお客様に届くためネットワークの中で各社の電気は既に混ざります。
このため電気の品質は電力会社を変更しても全く同一となります。※CO₂排出係数は異なります。


部分供給

部分供給とは一つの需要場所に対して、2つの供給事業者(例えば、新電力と既存の電力会社)が供給を行うことを言います。
また部分供給の場合は「2つの供給事業者がそれぞれ需要家と契約を締結して電力を供給」します。
 
2社からの供給
今まで新電力に断られることの多かった、病院・工場・ホテル・大規模商業施設他、負荷率が高く断られてしまったという経験のある企業様にも供給可能な場合が多くございます。是非お見積りをご依頼ください。